マレーシアでMBAときどきイスラム金融

留学ブログ。語学学習、お金のやりくり、日々雑感を書き捨てていくブログ

東京→クアラルンプール(羽田空港)

今回は留学0日目の備忘録です。

まだクアラルンプールにもついてないのに色々やらかしました。

 

『自宅~羽田空港

 

横浜のへき地(山奥)にある実家からバス→電車(JR)→私鉄と乗り継いで

 

f:id:shedinjarocks:20171017145739j:plain

 

やっとたどり着いた羽田空港

 

クアラルンプールへの航空会社は『エアアジア』を選びました。

いわゆるローコストキャリアですね。

 

予約の仕方も簡単でした。

Air Asiaのウェブサイトでアカウント作成→クレジット決済

 

驚くほど安く 『見えた』 ので(JPY15,000~JPY20,000)

だったので何も考えずにAIR ASIAに決めました

 

が、人生そんなに甘くありません。

 

受託荷物の重量制限でやらかしました。

(受託荷物=チェックインの際に航空会社に預ける荷物)

 

エアアジアのウェブサイト上に表示されている値段はオプションを一切つけない場合の値段です。

 

フツーの航空会社だったら受けられるようなフツーのサービスを、

エアアジアで受けるにはそこから料金を上乗せする必要があります。

 

私は以下のようなサービスを追加しました。

 

受託手荷物受付可能(20KG迄)

座席を自分で選ぶサービス

機内食サービス

ミネラルウォータ←これはさすがに無料でした。

 

もちろん素が安いので、上記サービスを追加しても他のキャリアに比べれは安い。

受託荷物の超過料金さえなければ・・・。

 

筆者は格安航空には不慣れで荷物の重量なんて考えたこともなかったのでポンポン荷物追加していました。

その結果、トランクの荷物は想定を上回る 25KG.

 

減らす作業もめんどくさかったので

 

『超過料金ぐらいどうってことないだろ・・。』

とか

『5キロぐらい見逃してくれるだろ・・。』

とか思ってました。

 

果たして実際は・・・?そもそも取られるのか・・?

 

f:id:shedinjarocks:20171017150800p:plain

 

ばっちり取られました。。。それも1万円以上・・。

 

あっというまにその辺のキャリアと変わらん値段になってしまいました。

 

しかもこの料金の精算をしないと搭乗券はもらえません。ちゃっかりしやがって。。

清算は専用カウンターがあります。*クレカ、現金OK

 

しぶしぶ超過料金を払い搭乗券をゲット、牛丼食べて搭乗完了です。

クアラルンプール到着前から先が思いやられます。

 

ちなみに持ち込み手荷物は 『大きい荷物1つ+手荷物1つ』となっており

重量7キロまでとされています。

 

ですが、特にこちらは計量されることもなく、搭乗できました。

(実際は8~9キロ位あった)

 

f:id:shedinjarocks:20171017151422j:plain

チェックインコーナーにひっそり佇む手荷物計量器君・・・。
だれにも気に留められず・・。
 
それでは、ノシ

近況

最後の記事が3月だったので時の流れの速さに驚愕。
近況説明しますと、
 

マラヤ大学MBAコースに合格済み(わりとあっさり合格)

8月に5年間務めた会社を退社済み(わりとあっさり退社)
学生ビザ取得のための、移民局からの書類発行(←イマココ!!!!)
 
はっきりいって9月の入学に間に合いません。
 
ビザ関連の作業は留学代理店に丸投げ、しかもろくに進捗の確認もしていなかったので
(でも9月入学の意志は伝えてありました。)
管理が甘かったと痛感しております。
 
マラヤ大学側も事情は把握しているようで、9月某日までにマレーシアに入国できれば
9月入学でのコース開始を認めるとのこと。
 
9月入学が出来ないとどうなるか・・・。
 
 
入学許可書自体取り消し・・・
 
 
まさかのニート化・・・
 
 
そんなわけありません。
入学自体は保障されています。次のINTAKE期間になりますけどね。
 
 
え、次っていつなの?ってマラヤ大学のHPを見てみると
 
 
 
来年の2月・・・。
 
5カ月間もなにすればいいのよ。
 
それでは ノシ
 

 

留学の動機について

 

なんで留学するの?と周りからよく言われます。

 

なので自分の動機を整理しようと思います。

 

なぜ留学なのか?

 

この問いに対する答えはシンプルで

『自分のやりたいことが、留学しないと学べないことだから。』

これに尽きます。

 

自分のやりたいことは何なのか?

留学しか学べないとはどういうことなのか?

 

次はこの二つを説明しなければなりませんが、

詳しく書くのは別に機会を設けますが、サラッとかくとこんな感じです。

 

『自分がやりたいこと』

 

ブログのタイトルにもありますが、これは『イスラーム金融』ですね。

イスラーム金融』ってなんなの?っていう質問の回答はまた次回

 

ほかにもいろいろありますがこれが留学の大まかな目的になってます。

他の目的としては..

 

-語学力の強化、特に発信、コミュニケーション

-経営、マーケティングの知識を一通り押さえて主体的に立案できるようになりたい

 

があります。それぞれの考えに至った経緯は別に書きます。

 

前半しか説明できませんでしたが眠くなってきたので後半は次回!

 

 

 

 

 

 

はじめに

会社を辞めて留学しようと思います。

 

短い言葉ですが、現代の日本ではなかなかインパクトあります。

 

『会社を辞める』

これだけだとネガティブなイメージしかありませんが

『留学する』

が付け足されるとちょっとプラスに聞こえるでしょうか?

 

しかし、アラサーともなると留学するにすらネガティブなイメージがつくかもしれません。

 

いい年こいて何言ってんだとか、自分の発言に責任持てよ、

とか他人から指摘されるのは容易に想像できます。

 

確かにそうなんですが、不思議と引き返せないとこまで来てしまった感があります。

 

吉とでるか、凶とでるかわかりません。

まぁ少なくともほかの人がやらない選択肢を取ったので、貴重な体験として後世の人の参考になれば良いかな?と、ブログをつけることにしました。

 

今日はここまで!